酵素を食物から取り入れる

人間の体内で生成される酵素の量には限りがありますので、体外からつまり食物から取り入れなければなりません。酵素は人間が生きていくための生命活動に深い関係があるので、これが無くなってしまうと人間の生命活動は終わり死を迎えてしまいます。酵素は加熱処理に弱いという性質から生の肉・魚・野菜などの食品に含まれています。ですが、現実問題としてこれらの食品を毎日大量に摂取するのはなかなか大変です。でも、日本では酵素を大量に含む食品が昔からあるのです。それは味噌・納豆・ぬか漬けなどの発酵食品です。発酵食品でしたら毎日でも無理なく食べ続けることができます。発行期間が長ければ長いほど酵素の量は多いほど酵素の働きがよくて身体にも良いのです。日本人は長年この発酵食品により健康を維持してきたようです。毎日の食事に発酵食品を取り入れるようにすると酵素不足を補うことができます。また果物にも酵素がたっぷりと含まれています。
もし食事をしても酵素があまり含まれていない場合にはどうなるでしょうか。確かに人間の体の中には元々酵素はありますが、酵素が消化に使われるようになります。すると代謝の方に酵素が使われなくなってしまうのです。体外からも酵素を取り入れて消化と代謝の両方にバランスよく酵素に働いてもらうのが理想です。